プロセスの最適化

ベストセール

40年以上に渡る繊維助剤の研究開発と製造の専門知識| JINTEX Corporation Ltd

グローバルトップ10 ZDHCゲートウェイ-化学モジュールのパイオニアを受賞。ジンテックスグループは1978年以来、繊維および皮革の特殊化学品サプライヤーです。200以上の製品と150を超えるZDHC GATEWAY 3つ星製品のブルーサイン認証を取得しているJINTEX GROUPの繊維助剤と革助剤は、環境に優しいだけでなく、最高水準を備えています。

ジンテックスグループは、長年にわたりグリーンケミカルの分野で熱心に取り組んできました。EHS(環境にやさしい/健康/安全性)の原則に準拠したさまざまな非毒性のグリーン製品がすぐにリリースされました。また、JINTEXはスイスのBST(Beyond Surface Technology)の採用により、環境に配慮したmiDori®シリーズのバイオマスエージェントを発売しました。

JINTEX GROUPは、高度な技術と40年の経験の両方を備えた高品質の顧客を提供してきました。JINTEXGROUPは、各顧客の要求を満たすことを保証します。

プロセスの最適化

エネルギー消費を削減します。製造利益を増やします。温室効果ガスの排出を削減します。
エネルギー消費を削減します。製造利益を増やします。温室効果ガスの排出を削減します。

JITNEXは、プロセスの最適化に関するワンストップサービスと製品を提供します。

優れた製品

JintergEco LTS-エコ精練剤

従来の綿精練および漂白プロセスでは、以下を追加する必要があります。(1)キレート剤(2)精練乳化剤(3)H2O2安定剤

JintergEco LTSだけで、3つのエージェントすべてを置き換え、すべての要件を満たすことができます。

LTS
JinsoapEco AW-509-1つのバスでの還元洗浄とソーピング。

ポリエステル/綿混紡生地の場合、従来の方法ではまずポリエステル部分を染色し、還元洗浄によりポリエステル繊維の表面の未定着色を洗い落とし、その後綿の染色工程に進み、その後綿のソーピングを行います。

AWS

JinsoapEco AW-509は効率的な洗浄力を備えています。同時に、分散染料と反応染料によって引き起こされる、繊維表面の未定着色を洗い流すことができます。同じバスで削減洗浄とソーピングを行うと、水、時間、コストを節約できます。

AWS1AWS2
還元HSA-酸還元洗浄剤。他の酸中和手順は必要ありません。

従来のポリエステル染色では、繊維表面の未定着色が染色堅牢度に影響します。したがって、染色後、アルカリ還元洗浄→温水洗浄→冷水洗浄→酸中和を行う必要があります。酸中和プロセスでは、人間の皮膚の酸性度が低いため、繊維にアルカリが多すぎると、人間の皮膚が不快になります。

還元HSAは、酸性の還元洗浄剤です。定着していない色を洗い流すのに非常に効率的であるだけでなく、洗浄および酸中和プロセスのコストも節約でき、省エネの目的を効果的に達成できます。

HSAHSA1